曹洞宗のお寺です

yukari

ゆかり

大洞山雲林寺は吾妻郡長野原町大字長野原にあり、
後閑(安中市上後閑)の長源寺の末寺となっている。

本尊は釈迦如来

  • 開山は為景清春
  • 開基は海野長門守幸光 である。

 
所在地は、日本三大名泉で有名な草津温泉(群馬県)
より7キロ先、国道145号に面し、
吾妻郡長野原町の中心部の北側の台地上にある。

雲林寺は、弘長3年(1263年)、
臨済宗妙心寺派に属する龍幡和尚が創建した。
その場所も大字長野原字火打花(ヒウチバナ)にあったが、
その後貝瀬(カイセ)に移った。

このためこの霊地をは寺屋敷と呼ばれている。
約300年間、非常に栄えていたが、大火災で亡失してしまう。
 
永禄2年(1559)3月15日、
海野幸光が開基となって現所在地に伽藍を再建した。

海野幸光は、西吾妻地方の吾妻川左岸に勢力を持ち、
戦国時代に羽根尾城に拠った羽尾景幸の孫である。

しかし、天正9年(1581年)、
真田十勇士の伝説で有名な真田幸村の父、
真田昌幸に滅ぼされてしまう。 

永禄2年(1559年)、
後閑(安中市上後閑)の長源寺九世、
為景清春(イケイセイシュン)が曹洞宗大洞山雲林寺として
創建され現在に至っている。

為景清春は当山の他、

-宝昌寺(高崎市)
-長伝寺(安中市)
-桂霊寺(信州佐久)

の4カ寺を開いている。
近世になり、沼田藩真田氏の支配下にあって、寺領田畑三十町歩、檀家400人であった。
 
天明3年(1783年)、7月8日、浅間山の噴火によって吾妻川流域の村々は一瞬にして溶岩泥流に溢れ、泥海と化した。

長野原町の死者数は当寺の人口の半分にあたる約200人、71軒の家屋が倒壊し田畑の8割が被害にあった。

雲林寺も柱二本だけを残し泥流に消えたが、地元の有志が集い倒壊した寺を再建した。その当時住職であった13世枝転梅応住職は、大噴火の際、過去帳だけを逃げ持ち、現在も明暦4年からの記録が当山には保管されている。