曹洞宗のお寺です

kiji

梅花流

御詠歌
  
雲林寺では毎月2回  2時間程度ご詠歌(梅花流)の会がございます。 参加費無料。 ご詠歌は、ご供養の気持ちを心温まるメロディーにのせて歌います。初めての方でも是非お気軽にお越しください。お待ちしております。

活動・・・お寺の年中行事に参加、お唱えをします。
練習日・・・隔週土曜日午後1時より2時間程度
費用・・・大会参加時のみ実費負担
大会(発表会)・・・毎年、全国大会、群馬県大会があり希望者が参加して日頃の練習の成果を発表します。
練習会・・・年一回、本庁から派遣される特派師範による講習の他、各種研修会、講習会に参加できます。
検定会・・・毎年1回、検定を受ける事ができます。合格すると、免許状と階章が授与され、階級に応じて房の色が紫色→水色→白色に昇格します。

梅花の功徳
①仏教の理解を深める
わかりにくい仏教の教義を平易に理解でき、仏教が身近なものとなる。
②音楽的な魅力
単調なお経に比べ格調高い美しい節で聴く人々の心をと捉え、飽きさせない
③感情を引き出されやすい
厳かな雰囲気の中で日頃しまっていた様な感情が引き出され、心の穴、傷が癒される。深めれば法悦も味わうことができる。
④健康に良い
声をだすこと、唱えながら正確に左右の手を操ることは健康に良い。

指導者
轟 美代子(正流詠範)
轟 省吾(副住職・3級師範)